ホームインスペクション(住宅診断)

​ホームインスペクションとは、​住宅の設計・施工に詳しい建築士などの専門家が、住宅のコンディションについて調査を行い、欠陥の有無や補修すべき箇所、その時期などを客観的に診断するもので、住宅診断ともいわれています。

​最近注目されているのは、中古住宅の売買の際に、ホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、消費者が安心して中古住宅を購入できるということです。売る方にも心強い存在です。

・安心して中古住宅を買いたい  

・売った後のトラブルを防ぎたい  

・リフォームが何を優先していいのか分からない

・住んでいる家が古いので、いつどこをメンテナンスすればいいのか分からない

​・中古住宅を買った後のリフォーム費用がよくわからない  

・家を売りたいので、診断をしておきたい

​           

​ このような悩みがある方は、インスペクションで解決しましょう!

木造住宅の入り口

主な検査のポイント(主な調査項目)

​検査は、目視・触診を中心とする、非破壊の検査となり、検査項目は実に60項目以上に渡ります。

(検査の主要時間は約2時間前後です。)

・構造耐力上主要な部分にかかるもの(柱や基礎など)

・雨水の侵入を防止する部分にかかるもの(屋根や幹裏など)

​・給排水管路(水漏れや排水不良の確認)

インスペクションの主な手順

1. お問合せ

2. 現地調査

3. 報告書のご説明

4. 補修見積もり

5. 補修工事などのご提案

基本的な調査範囲の料金・費用  約6~10万円程度

・現地調査(約2時間程度)  ・報告書の作成  ・報告書のご説明(1時間程度)

住宅点検

無料耐震診断も可能!目視だけの判断になります。

 

対象住宅

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅           

・建物の一部が木造以外の場合は、対象とならないことがあります。

 ・1件につき1回限りの診断となります。2回目の診断はできません。

お住まいの市での無料耐震診断も行っておりますので、まずは、市にお問い合わせ下さい。

ホームインスペクションと耐震診断の違い

ホームインスペクションは、「建物の現状や状態を把握するための診断」

耐震診断は、「建物の耐震性の有無を判断」することです。

耐震診断は、大きな地震が発生した場合、現状などから建物がどの程度耐えられるかやどのような対策をしたらいいのかなどをアドバイスします。

耐震診断とホームインスペクション(住宅診断)は、種類が異なるため住環境に合った方法で​、どちらかの診断を実施することをお勧めします。特に、築年数の古い建物にお住まいの方は、自宅の現状や状態を知り、そして必要に応じて強化することを検討してみてはいかがでしょうか。

空き家・中古住宅をお持ちの方、この機会に一度診断してみませんか?​​​